薄毛の要因

薄毛の要因としてはストレスが挙げられます。
ストレスで薄毛が増えた、ということを耳にしたこともあるのではないでしょうか。
ここでは、ストレスと薄毛の関係についてご紹介しましょう。

薄毛をストレスが誘発する要因としては、睡眠不足があります。
髪の毛が最も活発に成長するのは睡眠している時であるため、質のいい睡眠を十分に取ることが必要です。
しかしながら、ストレスによって自律神経などがアンバランスになったり、興奮したりしてなかなか睡眠が取れなかったような場合には抜け毛になります。
夜更かしすると、頭皮や髪の毛に良くない影響を及ぼします。

薄毛をストレスが誘発する要因としては、血行不良があります。
毎日のようにほとんどの人はストレスを持ちながら暮らしています。
しかしながら、ストレスが過剰になると、メンタル的な障害が起き、内臓の作用が悪くなったり、体の中の血液の流れに障害が起きたりして、血行不良になります。
血行不良になると、栄養分が毛根へだんだんと行き届かなくなるので、毛細胞の作用も下がってきて髪の毛の育成に大切な栄養が足りなくなり、髪の毛も頭皮も最も良くない状態になります。
ストレスが非常に過剰になると、場合によっては異常脱毛に全身がなる場合もあります。
ストレスが普段から過剰にならないように、上手く日常生活においてストレスを発散するよう注意することが大事です。
本サイトでは、過剰な皮脂の分泌、血行不良が要因、についてご紹介します。



○管理人推奨サイト
血行不良からくるAGA・薄毛の改善を行っている専門クリニックです →→→ AGA

Copyright © 2014 薄毛の要因 All Rights Reserved.